エジガル効果J2にも 長崎・手倉森監督「相乗効果で他の選手も」

西日本スポーツ 松田 達也

 15日にホーム琉球戦に臨むJ2のV・ファーレン長崎の手倉森誠監督(52)は13日、今季初の5連勝に自信を漂わせた。10月末にJ1横浜Mから加入したエジガルジュニオ(29)が出場4試合で4得点。オンラインで会見した指揮官は「刺激は大きい。相乗効果で他の選手も点を取っている」と“エジガル効果”を口にした。

 エジガルジュニオは昨季は横浜Mで11ゴールを奪い、リーグ優勝に貢献した点取り屋だ。1日の水戸戦で移籍後初出場して初得点。チームも11月の4試合で計14得点と爆発的な勢いにつなげた。開幕4連勝した今季は5戦目のアウェー琉球戦で引き分けて連勝が止まった。手倉森監督は「5連勝ができればわれわれは成長したという確信を持てる」と強調した。

 首位徳島と勝ち点5、2位福岡とは同2差につける。琉球戦の結果次第で昇格圏に浮上する可能性があるだけに、攻撃陣の爆発力に期待がかかる。 (松田達也)

PR

V・ファーレン長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング