【クローズアップ】坪井王座奪還へ一撃 【福岡】

西日本スポーツ 深堀 慎一郎

 混戦を巧みにすり抜けた。坪井康晴(43)=静岡=が11R、枠なり5コース発進ながら1着通過に成功。イン先マイの1枠前本のFにより、BSは2~5枠勢で先頭争いの中、坪井は巧みに内へ針路を取ると、2Mはくるっと小さくターンして先頭へ。競り合った毒島も「坪井さんが絶妙だった。相手を褒めるしかない」と潔く脱帽した。

 思い返せば前検は、とてもこんな芸当のできる足ではなかった。それが初日のシリンダー交換で激変。「よく直ってくれました」とたたえる急上昇ぶりで「出足は普通だが、準優はSで落としても伸びた。回り足もいい」。上位レベルの機力に仕上がった。

 今年の記念戦線では全くヒットがなく、「優出? 初めてです」。一年の終盤になってやっと好結果。コツコツと諦めない努力型の本領発揮だ。「乗れてよかった。チャンスはあるので頑張りたい」。勝てば、来年3月の福岡クラシックの出場切符。58周年はイン逃げで制したが、今度はセンターからのカウンターパンチで王座に返り咲く。 (深堀慎一郎)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング