関取最年長の元大関・琴奨菊が現役引退へ 幕内転落も「勝てば幕内に上がれる」…復帰ならず

西日本スポーツ

 大相撲の元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=福岡県柳川市出身、佐渡ケ嶽部屋=が現役引退の意向を固めたことが14日、日本相撲協会関係者の話で分かった。11月場所はここまで1勝5敗と振るわなかった。

 琴奨菊は高知・明徳義塾高から2002年初場所で初土俵。11年秋場所後に大関に昇進した。16年初場所で日本出身力士として10年ぶりに賜杯を抱いたが、左膝など故障が重なって17年初場所で大関陥落が決定。その後の復帰はならなかった
 
 15年余の在位を誇った幕内から転落しても「勝てば幕内に上がれる。やり残しなく、納得して終わりたい」と現役を続行した琴奨菊。関取最年長だった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング