CSで珍プレー、飛距離のない二塁打 自打球で悶絶直後に思わぬ展開

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCS第1戦 ソフトバンク-ロッテ(14日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは2点を追う5回の攻撃で珍プレーから好機を得た。

 先頭の牧原が追い込まれてから自打球を右足甲付近に当て、苦悶(くもん)の表情。痛みのあまり打席を外して跳びはねるほどだったが、次の球を打って出た。

 ベース目前で高く弾んだ打球が遊撃手・藤岡の前へ。藤岡がショートバウンドで押さえきれず、打球は後方へ転々とした。二塁ベースカバーがいないのを見て、一塁をオーバーランした牧原は二塁へ。拾った三塁手・安田の二塁送球もそれてセーフとなった。

 思わぬ形の二塁打から無死一、二塁となったが、甲斐がスリーバントを失敗するなど後続が倒れ、この回無得点だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ