ソフトバンク併殺かと思ったら…ロッテ井上が同点タイムリーエラー

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCS第1戦 ソフトバンク-ロッテ(14日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが相手ミスにも乗じて試合を振り出しに戻した。

 2点を追う6回無死から柳田、グラシアルの連打と栗原の送りバントで1死二、三塁。ロッテ先発・美馬を降板に追い込むと、代わった東條からデスパイネの遊撃内野安打で1点差とした。

 投手は唐川に交代。なおも一、三塁で牧原のゴロの打球が二塁手・中村奨の正面へ飛んだ。中村奨は一塁走者・デスパイネにタッチしてから一塁送球。併殺打かと思われたが、一塁手・井上が球をこぼし、これを見た三塁走者・グラシアルが本塁突入。頭から滑り込み、返球を受けた捕手のタッチをかいくぐって生還した。

 ベンチから身を乗り出して戦況を見守っていた美馬は、やりきれない表情で肩を落とした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ