ポストシーズン新記録11連勝!ソフトバンクが日本シリーズ王手 甲斐が魂ヘッスラ

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCS第1戦 ソフトバンク4-3ロッテ(14日、ペイペイドーム)

 リーグ優勝したソフトバンクが2位ロッテに逆転勝ち。対戦成績を2勝0敗(1勝のアドバンテージ含む)とし、15日の第2戦で勝つか引き分ければ日本シリーズ進出が決まる。

 ロッテが2回に安田の2ランで先制。ソフトバンクは4回に柳田のソロで追い上げたが、ロッテは直後の5回に荻野の適時打で1点を加えた。

 それでもソフトバンクは6回1死二、三塁として美馬を降板に追い込み、デスパイネの適時内野安打の後、相手失策で同点。8回に甲斐が一塁にヘッドスライディングしての内野安打で勝ち越した。

 ソフトバンクは昨年のCSファーストステージ第2戦から日本シリーズ4試合を挟み、ポストシーズン11連勝。1975~76年阪急の最長記録を更新した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ