ソフトバンク甲斐「先輩たちの声が聞こえた」沢村から執念V内野安打

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCS第1戦 ソフトバンク4-3ロッテ(14日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・甲斐が終盤に殊勲の勝ち越し内野安打を放った。

 同点に追い付いて迎えた8回2死満塁。沢村に追い込まれてから放った打球は高く弾んで遊撃手前へ。一塁に頭から滑り込み、遊撃手・藤岡の懸命のランニングスローも及ばなかった。

 前の打席まで無安打。5回にはスリーバント失敗もあった。お立ち台に上がった甲斐は「全力で走りました。気持ち一本というか。打席に入っていても、ベンチから先輩たちの声がたくさん聞こえて、何とかしてやろうという気持ちでいきました」と振り返った。

 7回3失点で勝敗がつかなかった先発・千賀については「粘り強く投げてくれましたし、それが勝ちにつながっていると思う」とねぎらった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ