ソフトバンク・グラシアル、好走塁で同点ホームイン

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCS第1戦 ソフトバンク4-3ロッテ(14日、ペイペイドーム)

 グラシアルが好走塁で試合を振り出しに戻した。2点差の6回1死一、三塁で牧原の二ゴロを処理した中村奨の一塁送球を井上が落球したのを見た三走グラシアルは、本塁へ頭から滑り込み捕手のタッチをかいくぐり生還した。

 「際どいタイミングだったけどボールが落ちたのが見えて迷いなくスタートが切れた。チームにとっても大きな1点だったと思う」と胸を張った。8回も先頭で四球を選び出塁し、甲斐の勝ち越し打を呼び込んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ