ソフトバンク千賀の粘り呼んだ甲斐の「我慢」/池田親興

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-3ロッテ(14日、ペイペイドーム)

 短期決戦では、どんな形であっても、まずは勝つことが大事。エースを信じて我慢したソフトバンク、予定通りの継投に出て、千賀より先に、好投の美馬を交代させたロッテ。その違いが出た試合になった。

 千賀は直球は良かったけど、フォークやカットボールなどの変化球を思い通りに操れていなかった。2回に安田にフォークを先制の2ランとされ、3回から6回まではいずれも先頭打者の出塁を許した。いい球がなかなか続かない中、それでも一喜一憂せず、同点で救援陣にバトンを渡した。エースとしての仕事をこなせたし、その粘りを引き出したのは、甲斐の攻守における「我慢」だろう。

 変化球に調子の悪さが出ていた千賀に対し、イニングの間も甲斐はそばに行ってよく話していた。だから千賀にも納得させて、球を投げさせられたのだろう。この日のように調子があまり良くない先発投手に、イニングを投げさせることができたときこそ、捕手を褒めてやってほしい。

 5回の攻撃では、甲斐自身のバント失敗で好機を広げられなかった。それをひきずらず、千賀をしっかりとリードしていたし、8回はどん詰まりの当たりとはいえ、自分の内野安打で試合を決めることができた。攻守における「心の切り替え」に、甲斐の成長が見えた。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ