「おかわり3世」西武1位渡部が入団合意 球団が持つ山川や中村ら大型選手が育つ風土

西日本スポーツ

 西武がドラフト1位指名した桐蔭横浜大の渡部健人内野手(21)=176センチ、112キロ、右投げ右打ち=の入団が15日、決まった。横浜市内の新横浜プリンスホテルで入団交渉を行い、新人最高条件の契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で合意。中村、山川に続く「おかわり3世」として期待が高まる。

 球団からは中村と山川からのサイン色紙がプレゼントされ、にっこりと笑みを浮かべた。「ライオンズには中村選手、山川選手がいるのでそういった選手を超えられるようにスケールの大きな選手になりたい」と決意表明した。

 西武には中村、山川のように巨漢選手の成功例がある。この点について潮崎哲也編成グループディレクターは「失敗を恐れない風土がわれわれの球団には備わっていると思う。長打力、ホームランは三振との表裏一体。三振することを指摘すると大きいのも出なくなってしまう。三振してもいいから振ってこいという風土をうちの球団は持っている。渡部君も伸びていく要素は十分にあると思う」と説明した。(金額は推定)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング