ソフトバンク松本裕樹6年目のCS初登板「気持ちが高ぶってしまい…」

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCS第2戦 ソフトバンク6-4ロッテ(15日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク松本がCS初登板でホールドを記録した。

 2点リードの5回に2番手で登板。先頭の菅野への四球と中村奨の中前打で無死一、二塁としたが、福田秀をフォークで空振り三振に仕留めると、後続も打ち取って無失点で切り抜けた。

 粘り強い投球を見せた6年目の右腕は「気持ちが高ぶってしまい、最初は力んでしまった。結果的に0点で抑えられて良かった」とホッとした様子だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ