巨漢ドラ1渡部獲得 西武が描く「超ヘビー級」構想

西日本スポーツ 小畑 大悟

■“おかわり3世”

 西武がドラフト1位で指名した桐蔭横浜大の渡部健人内野手(21)=176センチ、112キロ、右投げ右打ち=の入団が15日、決まった。横浜市内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円の最高条件で合意。「やっとプロの世界にいけるんだと思えて、非常にうれしいです」と笑みを浮かべた。 (金額は推定)

 体重100キロ超の巨漢から早くも山川、中村に続く「おかわり3世」として期待も高い。「山川選手、中村選手がいるのでそういった選手を超えられるようにスケールの大きな選手になりたい」。球団からサプライズで山川のバットと2人のサインを受け取り、両手に掲げ“3世代”でのスリーショットに納まった。

 潮崎哲也編成グループディレクターは「追い付け追い越せでスケールの大きな選手になってほしい。山川、中村と渡部が並んだ打線を早く見てみたい」と話した。“3世代”が並んだ超重量級のクリーンアップ結成となれば、見応えは十分だ。

 「将来的には本塁打王や打点王を取れるような選手になりたい。まずは開幕1軍を目指してしっかり自分をアピールしていきたい」。ビッグな夢を抱き、「おかわり3世」がプロの世界に飛び込む。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング