ソフトバンク投手陣が日本Sへ打撃練習「打っておくと多少当たる」工藤監督

西日本スポーツ

 ソフトバンク投手陣が16日、日本シリーズに向けて打撃練習を開始した。

 ペイペイドームでの投手練習に参加した5人のうち、ムーア、東浜、笠谷の3人がバットを手に高村投手コーチが投げる球を打ち返した。

 工藤監督は「日本シリーズでは(DH制のない敵地で投手が)打席に入らなきゃいけないのでね。打っておくと多少、当たる可能性もありますし。一番は(大切なのは)バントというところだと思うけど、僕らパ・リーグの投手はずっと打たないできていますので」と説明。

 東浜は打撃練習と並行して、打撃マシンを使用したバント練習も行っていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ