鷹・ムーアはMLB短期決戦で名を上げた男 予行の1発、いい予カ~ン

西日本スポーツ 長浜 幸治

 福岡ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)が21日に始まる日本シリーズに向けて自信をのぞかせた。

 通算54勝をマークした米メジャーではポストシーズンで5試合に登板するなど経験は十分。チームの4年連続日本一に向け、G倒に意気込んだ。

 16日、ペイペイドームでの投手練習に参加した左腕はリラックスした表情を見せた。シリーズを見据えた打撃練習では右翼テラス席に打球をたたき込み「バッティングは好きだよ。(打撃投手を務めた)高村(投手)コーチのカットボールはよかったね」と笑みを浮かべた。

 ポストシーズンの投球は心得ている。「短期決戦では1打席、1球の重みがより増してくる」。メジャーではポストシーズンに5試合登板し、1勝1敗、防御率3・33。メジャーデビューした2011年はレギュラーシーズンでの登板が1試合のみにもかかわらず、地区シリーズ第1戦の先発を任され、7回無失点と好投。勝利投手になった経験もある。

 9日のシーズン最終戦で3イニングを投げてから登板間隔が空いているが、「時間が空いた分、体はすごくフレッシュな状態。いい意味で捉えたい」とさらり。準備は万全だ。 (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ