丸山城志郎VS阿部一二三、五輪代表決定戦は「12・13」ライブ配信も

西日本スポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は16日、丸山城志郎(ミキハウス)=宮崎市出身=と阿部一二三(パーク24)による東京五輪男子66キロ級代表決定戦を12月13日に東京・講道館で実施すると発表した。1試合限定の無観客試合で、勝者が五輪代表に選ばれる。

 丸山が2019年、阿部一が17、18年の世界選手権を制するなど両者の実力と実績がほぼ並んでいる同級は男女14階級で唯一代表が決まっていない。最終選考会を兼ねて4月に福岡市で行うはずだった全日本選抜体重別選手権(西日本新聞社など共催)がコロナ禍で延期になり、再設定された12月のグランドスラム(GS)東京大会も中止に。五輪までの準備期間などを考慮し、GS東京と同じ時期に「ワンマッチ」で決着をつける形にした。

 試合は国際ルールで、国際規格の畳を使用。丸山が白色、阿部が青色の柔道着で闘う予定。全柔連はインターネットで試合のライブ配信を予定している。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング