昨季2軍で最多安打、ソフトバンク育成田城が戦力外 現役続行を希望

西日本スポーツ

 ソフトバンクは18日、育成の田城飛翔外野手(21)に来季契約を結ばないことを通達した。

 青森・八戸学院光星高から育成3位で2017年入団。巧みなバットコントロールと俊足を武器に19年はウエスタン・リーグ112試合に出場し、108安打で最多安打に輝いたほか、リーグ2位の打率3割7厘をマークした。

 もっとも今季は37試合で打率2割、18安打にとどまっていた。球団事務所前で報道陣の取材に応じた田城は「トライアウトを受けます」と現役続行の希望を口にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ