山田英反省の初戦5着 九州王国再興へ 【小倉】

西日本スポーツ

 グランプリ出走を狙う賞金ランク9位の山田英明は2Rで5着。「堅くなってしまって、終HSで前を追い掛けるべきところで行けないと思い見てしまった」と反省。賞金争いのライバル守沢太志に、水をあけられるかと思いきや、5Rでは弟の山田庸平が助け舟。郡司浩平後位の守沢をどかして7着に沈めた。山田英は「弟に援護してくれたのかと聞いたが、『そんなことはない。レースの流れでそうなっただけ』と答えました。ちょっと感謝していたのに、どうも違ったみたい」と苦笑い。2日目は休養日。もう負けられない2走目へ、仕切り直す。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング