J1大分片野坂監督「厳しい戦い待っている」 今季残り1カ月で続投発表の意味

西日本スポーツ 松田 達也

 J1大分トリニータは19日、片野坂知宏監督(49)と来季の契約を更新したと発表した。J1昇格2年目の今季はここまで9勝6分け11敗の12位。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今季は降格がなく、就任6年目の来季もJ1で戦う。片野坂監督はクラブを通じて「トリニータ愛を持って、感謝を忘れず精進したい」とコメントした。

 片野坂監督はクラブがJ3だった2016年に就任し、同年にJ2昇格に導いた。18年にはJ1昇格に導いた。J1の上位クラブと比べ、限られた戦力を柔軟に起用した戦いが認められ、昨年のJ1優秀監督賞に選ばれた。

 シーズンが約1カ月残っている状況での続投発表は、クラブからの高い評価と信頼の表れとなった。今季も12位と苦戦しながら、攻守に粘り強い戦いが続く。21日にはJ1優勝が懸かる川崎をホームで迎える。

 来季のJ1は20チームで争い、4チームが降格することが決まっている。片野坂監督は「今年とは比べものにならない厳しい戦いが待っている」と気を引き締めた。 (松田達也)

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング