ソフトバンク・モイネロが圧巻の3奪三振

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第1戦 巨人1-5ソフトバンク(21日、京セラドーム大阪)

 最優秀中継ぎのタイトルを獲得したモイネロが、圧巻の投球でシリーズ白星スタートに貢献した。

 千賀の後を受け、5点リードの8回に登板。直前の打席で中前打を放っていた先頭の大城を152キロ直球でバットに空を切らせ、3球三振に仕留めた。直後に四球の走者を出したが、代打石川は落差の大きいカーブで見逃し三振。3番坂本もカーブで空振り三振に打ち取った。「四球は出してしまいましたが、ストライクゾーンでしっかりと勝負することができた」。最強セットアッパーが第2戦以降も巨人打線の前に立ちはだかる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ