ソフトバンク森「少し大事にいきすぎた」5点リードで登板も思わぬピンチ

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第1戦 巨人1-5ソフトバンク(21日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンク・森が5点リードの9回に登板。四死球と安打で1死満塁として、ウィーラーの左犠飛で1点を失った。

 代打田中俊を投ゴロに打ち取って、初戦の勝利を締めくくった守護神は「少し大事にいきすぎたかなと思う。でもチームが勝てたのでよかった。もう一度気を引き締めて、自分のできることをしていきたい」と誓った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ