長岡望悠の投入も実らず…唇かむ戸江真奈「立ち上がっていくしか」

西日本スポーツ

 ◆バレーボール・Vリーグ女子1部 久光0-3NEC(22日、福岡市体育館)

 ホームで2連敗を喫した久光のエース石井優希とリベロの戸江真奈主将(福岡市出身)は「情けない試合だった」と口をそろえた。

 岡山にフルセットで敗れた21日からの流れを変えられないままストレート負け。サーブで崩され、トスも乱れた。途中から投入された故障上がりの長岡望悠(福岡県みやま市出身)も5得点どまり。2回戦総当たりのレギュラーラウンドを5勝6敗で折り返し、戸江は「(心が)折れながらも立ち上がっていくしかない」と唇をかみしめた。

 この後、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で12月5日にJT、同6日に埼玉上尾と対戦する。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング