ソフトバンク記録的爆勝!日本シリーズ10連勝で2勝0敗、デスパイネ6打点 巨人悪夢シリーズ7連敗

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第2戦 巨人2-13ソフトバンク(22日、京セラドーム大阪)

 4年連続の日本一を狙うソフトバンクが今シリーズ2連勝発進。2018年第3戦から続く日本シリーズ連勝記録を更新し「10」とした。

 打線が初回、柳田の先制打に敵失も絡むなど一挙3点を先行。2回に甲斐のソロも出て、この回途中で巨人先発・今村を降板に追い込んだ。

 3回にもグラシアルがソロを放つなど小刻みに得点を重ね、7回にデスパイネがシリーズ球団初の満塁本塁打を放って突き放した。デスパイネは1試合6打点でシリーズ最多記録に並んだ。

 投げては先発・石川が6回途中2失点と危なげない投球。工藤監督は6回のピンチを小刻みな継投でしのぐと、9点リードで迎えた7回以降は勝ちパターンを使わず、巨人打線に追加点を許さなかった。

 途中出場の選手も次々と安打を放ち、結局チーム15安打。シリーズ歴代3位、球団記録でもあるダイエー時代の2003年第2戦に並ぶ13得点を挙げた。石川はシリーズ通算4勝目。チームは19年CSファーストステージ第2戦から自身のポストシーズン記録を更新する14連勝とした。

 巨人は5回のウィーラーの2ラン以外に得点がなく、日本シリーズでは13年の第7戦から悪夢の7連敗となった。第3戦は24日、ソフトバンクの本拠地ペイペイドームに舞台を移して行われる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ