ソフトバンク甲斐の一発、工藤監督の「圧」が効いた!?

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第2戦 巨人2-13ソフトバンク(22日、京セラドーム大阪)

 9番の甲斐が、貴重な一発で連勝発進に貢献した。

 3点リードの2回1死。「しっかり芯で打つことができた」と1ストライクから今村の甘い直球を豪快に振り抜き、日本シリーズで初アーチとなるソロ本塁打をバックスクリーン左へたたき込み序盤でリードを4点に広げた。

 第1戦は投手陣を計1失点と好リード。第2戦前にその評価を問われた工藤監督は「(打者として)走者をかえせてないからなぁ。(ベンチから)作戦をやる(出す)しかないかな」と、5点リードの9回1死三塁で一邪飛に倒れた第1戦の甲斐の打席内容を冗談めかして話した。

 ただ続けて指揮官は「シリーズを考えたら、打撃より、扇の要なので守りをまずはやってもらうのが何より」とも強調。6投手が登板した第2戦も計2失点と好リードし、指揮官の思いに応えた甲斐が、しっかりとバットでも存在感を示した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ