西武斉藤誠、現状維持500万円で更改 打率1割満たず「技術不足」

西日本スポーツ

 西武の斉藤誠人捕手(25)が24日、みやざきフェニックス・リーグが開催されている宮崎県内で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸500万円でサインした(金額は推定)。

 プロ3年目の今季は1軍昇格を果たしたが、出場機会はなかった。イースタン・リーグでは33試合に出場。打率8分5厘、2打点。オンライン取材に応じた斉藤誠は「(コロナの影響で)意外と野球やる時間が短く、今年1年は早かった。2軍では思ったような成績が出せず、これから来季に向けて頑張っていこうと思う。自分の技術不足が目立った。1年間(力を)出せるように体を鍛えて、来年は1軍の試合に1試合でも多く出場したい」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング