ソフトバンク森「本当に悔しいし申し訳ない」継投ノーノーあと1人で逃す

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第3戦 ソフトバンク4-0巨人(24日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク森はあと1死のところで史上2例目の継投ノーヒッターを逃し、悔しがった。

 4点リードの9回に登板。坂本を二邪飛、岡本を三ゴロに打ち取り、簡単に2死とした。この日無安打の丸に中前打を許し、本拠地のスタンドからは悲鳴も。それでも気を取り直し、続くウィーラーを二飛に仕留めた。

 「ムーアモイネロがつないでくれて、チームの勝ちを付けることができて良かったし、うれしい。でも、2アウトからのヒットは本当に悔しいし、申し訳ない。ここまで来たら、あと一つ勝つだけです」

 同僚への思いもあって心底悔しがったが、チームの勝利を喜び、第4戦に目を向けていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ