ソフトバンク快挙逃すも史上2度目「1安打完封」 被安打の最少記録更新も

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第3戦 ソフトバンク4-0巨人(24日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが継投で1安打完封勝利を挙げた。

 ゲーム最少被安打は07年第7戦中日の0(対日本ハム)で、被安打1は01年第1戦ヤクルト(対近鉄)に次ぎ2チーム目。

 またソフトバンクは今シリーズ3戦で被安打10。シリーズ最少タイの被安打22(4試合)だった昨年を上回るペースで巨人を抑えている。

 

 ◆01年第1戦のヤクルト 先発の石井一が近鉄の「いてまえ打線」を7回1死まで無安打に抑える快投。北川博敏に右前打を許して快挙は逃したものの8回を1安打、12奪三振で無失点。大差の9回は河端が無安打に抑えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ