ソフトバンク・モイネロ驚異の2戦連続3奪三振も「反省しないと」

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第3戦 ソフトバンク4-0巨人(24日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・モイネロは、自ら招いたピンチを圧巻の奪三振ショーで切り抜けた。

 4点リードの8回、無安打無失点だったムーアからバトン。代打若林を空振り三振に仕留めた後、中島への死球、代打岸田への四球で一、二塁となったが、代打田中俊をカーブで見逃し三振、代打重信をスライダーで空振り三振に退けた。

 今シリーズは2試合続けて1イニングで3奪三振。「8回の相手の攻撃を0点に抑えることができたという点では、満足しています。でも、追い込んでからの死球と次の打者の四球は反省しないといけない」と気を引き締めていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ