「ポスト今宮」候補、ソフトバンク4位川原田の隠れた強み 早期1軍デビューの期待も

西日本スポーツ 末継 智章

 福岡ソフトバンクは24日、ドラフト4位で指名した川原田純平内野手(18)=青森山田高=と仙台市内で入団交渉に臨み、合意した。契約金3500万円、年俸550万円(金額は推定)。ショート一筋の川原田は守備力に定評がある今宮に憧れ、「守備率10割を目指す」と遊撃手として前人未到の記録を目標に掲げた。

 日本シリーズをテレビ観戦したという川原田は「ショートは周東選手や川瀬選手もいて層が厚い。まずは守りで試合に出られれば」と長所を伸ばす必要性を実感した。小学校入学前に野球を始めてからポジションはずっとショート。打球を読んで1歩目を踏み出す速さに自信があり「守備にはスランプがない。内野に飛んでくる球は全部捕るつもり」と今宮並みの広い守備範囲と正確性にこだわるつもりだ。

 右投げだが本来は左利き。福山龍太郎アマスカウトチーフは「グラブ操作がうまいのは左利きならでは。守備力が高いので(1軍で)早く出る可能性はあるのでは」と期待した。 (末継智章)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ