工藤監督「あの1打席の悔しがり方は若い子に刺激」ヘッスラ長谷川を絶賛

西日本スポーツ

 巨人との日本シリーズで3連勝を収め、パ・リーグ勢では史上初の4年連続日本一へ王手をかけているソフトバンクの工藤公康監督(57)が、第4戦の試合前に報道陣の取材に対応。24日の第3戦で代打長谷川がヘッドスライディングを見せた場面に言及した。

 長谷川は2点リードの6回2死満塁の場面で代打として登場。鋭い打球を一、二塁間に飛ばしながら二塁手吉川尚にダイビング好捕されると、懸命に走って最後は一塁へ必死のヘッドスライディングを見せた。

 このプレーについて「すごい刺激になっていると思う、若い子たちにとって」と工藤監督は絶賛。続けて「あの1打席の悔しがり方。ああいうところが、いかに集中して打席に入っているかというところ。若い人たちにとってもあれくらい集中してやらないといけないんだと思うでしょうから。いい手本を見せてもらっているし、いい動きもしてくれている」とたたえた。

 また「マッチ(松田宣)のプレー(三塁でウィーラーの三遊間へのゴロを好捕)なんかも今年一だと言ってましたんで」と工藤監督。「そうやって集中していることがいいプレーにつながると、若い子たちにとって勉強にもなっていると思う」とうなずく。

 2年連続4連勝での日本一となれば史上初。それでも「普段通りです」と言い切り「しっかり切り替えて、昨日勝ったことよりも今日に集中するのが大事。普段通り、いつも通り、シーズン通り」と口にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ