ソフトバンク和田と巨人中島が球場ざわめく14球の白熱勝負 9球連続ファウル

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第4戦 ソフトバンク-巨人(25日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・和田と巨人・中島が試合序盤から壮絶な根比べを演じた。

 巨人は初回に1点を先制し、なお2死一、二塁と追加点のチャンス。中島は2ボール2ストライクからの5球目、低めのボール球のチェンジアップに止めたバットが当たってファウルとなると、ストレート、スライダーについていき9球連続ファウルとした。

 スタンドからざわめきも起こる中で14球目、低めのチェンジアップで空振り三振。和田に軍配が上がったが、白熱の勝負に拍手が送られた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ