ソフトバンク、OB小久保裕紀氏がヘッドコーチ就任へ 侍J前監督「ポスト工藤」も見据え入閣…王国形成へ

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクが来季のヘッドコーチとして、球団OBで前日本代表監督の小久保裕紀氏(49)を招聘(しょうへい)することが25日、分かった。

 2012年限りで現役引退した後は野球解説者として活躍し、17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で監督として4強。9年ぶりとなる指導者としての復帰は工藤体制の後も見据えた入閣とみられ、黄金期を迎えたチームの勢いをさらに加速させることになりそうだ。

   ◇   ◇   ◇

 巨人を圧倒して頂点に立ったソフトバンクが勢いを緩めることなくチーム強化に乗り出す。来季2年連続のリーグ優勝、5年連続日本一はもちろん、巨人が打ち立てた「V9」超えを見据え、満を持して小久保氏の招聘に動いた。

 小久保氏は青学大から逆指名のドラフト2位で1994年にダイエー入り。95年に就任した王監督の下で主に4番を務め、99年の移転後初優勝と日本一、2000年のリーグ連覇に貢献した。巨人での3年間を経て、07年にフリーエージェント(FA)宣言してソフトバンク復帰。09年からは秋山監督の下で主将を任されるなど、弱小から常勝へと変貌するチームを中心で支え続けた。

 1995~99年にダイエーのエースとして小久保氏とプレーした工藤監督が希望していたプランでもあった。チームは野手の世代交代が急務。今年は栗原、周東の成長があったものの、次世代を見据えても右の長距離砲育成は欠かせない。背番号9を柳田が継承するなど人望が厚く、現役時代は度重なる故障を乗り越えて通算2000安打を達成した小久保氏の実績、経験がチーム力の底上げに寄与することは間違いない。

 世界を目指す球団の方針とも合致する。92年のバルセロナ五輪では大学生で唯一代表入りし銅メダルを獲得。指導者経験のないまま就いた日本代表(侍ジャパン)の監督では2017年WBCで日本を4強へ導いた。さまざまな戦い方を熟知している人材は、ソフトバンクの孫オーナーが以前から話している「本当に世界一優れたチームになってほしいという思いがある。まだまだいろんな意味で努力する必要がある」との方針にも合致しているといえる。

 工藤監督は球団初の3連覇を達成した昨年の日本シリーズ後、新たに2年契約を結んだ。リーグで覇権奪回した上で4年連続日本一を成し遂げ、来季が契約最終年となる。今季からは小久保氏とも同時代にプレーした城島健司氏が球団会長付特別アドバイザーとして復帰。小久保氏の復帰で“王イズム”を未来へ受け継ぐ体制を整え、常勝の歩みを一層加速させていく。

 ◆小久保裕紀(こくぼ・ひろき)1971年10月8日生まれ。和歌山市出身。青学大からドラフト2位で94年にダイエー(現ソフトバンク)へ入団、95年最多本塁打、97年最多打点。2004年に巨人移籍、07年にソフトバンク復帰した。12年に通算2000安打を達成、同年限りで現役引退。13年秋に日本代表「侍ジャパン」監督に就任し17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)まで指揮を執った。野球解説者。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ