ソフトバンク3位牧原巧が入団合意「ネクスト栗原」に名乗り

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 福岡ソフトバンクから3位指名を受けた牧原巧汰捕手(18)=神奈川・日大藤沢高=の入団が25日、決まった。横浜市の新横浜プリンスホテルで入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸550万円で合意(金額は推定)。捕手登録ながら左のスラッガーとして日本シリーズで大活躍中の栗原陵矢(24)をお手本にブレークを狙う。

 入団交渉を終えた牧原は、引き締まった表情でプロ入りへの決意を語った。「これからは野球が仕事になる。しっかり頑張らないといけない」。高校通算29本塁打を誇る強打者で広角に打ち分ける技術を持つ。飛躍への“お手本”と考えているのが、全国区となりつつある栗原だ。

 現在は外野を守るが、栗原も捕手登録。同じ左打ちで、打力を武器にレギュラーの座をつかんだ。牧原も「打撃スタイルも似ていると思う」と意識。「打者目線での配球などを教わりたい」と目を輝かせた。日本シリーズも連日テレビ観戦。「自分が入っていいのかとも思うけど、自分もホークスの一員だと思って見ている」。大舞台での活躍を目指し、準備を進めていく。 (伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ