ソフトバンク松田遼が戦力外、現役続行希望 2018年阪神から移籍 昨季51試合登板も今季ゼロ

西日本スポーツ

 ソフトバンクは26日、松田遼馬投手(26)に来季の契約を結ばないことを通告した。

 松田遼は2012年に長崎・波佐見高からドラフト5位で阪神に入団。18年のシーズン途中にソフトバンクにトレード移籍。昨季は51試合に登板して2勝4敗、防御率3・81と存在感を示したが、今季の1軍登板はなかった。

 ペイペイドーム内の球団事務所前で、報道陣の取材に対応し「(今後)今すぐというのは決めていない。現役を続けたいという気持ちもあります。ただ、これは相手もあることなので、時間はあまりないけどしっかり考えていきたい。(トライアウトも)考えていきたい。やれるという気持ちはある」と現役続行を希望した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ