ソフトバンク高谷が左膝手術 レギュラーシーズン終盤に悪化

西日本スポーツ

 ソフトバンクは27日、高谷裕亮捕手(39)が同日に福岡県内の病院で「左膝関節左脛骨(けいこつ)骨挫傷鏡視下膝関節形成術」を受けたと発表した。復帰まで約2カ月の見込みだ。

 高谷はレギュラーシーズン終盤の10月に古傷でもある患部の状態が悪化して出場選手登録抹消。日本シリーズの出場資格者40人からも外れていた。

 14年目の今季は33試合で打率2割5分、2本塁打、10打点。堅実なリードで抑え捕手としての役割を果たしたほか、18試合で先発マスクもかぶり、3年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ