ソフトバンクの日本人最長身右腕「まだ100パーセントを出せていない」157キロで火

西日本スポーツ

 チーム日本人最長身196センチの椎野が、球速アップを見据えた肉体改造を今オフのテーマに掲げた。プロ3年目の今季は日本シリーズのマウンドも経験。2軍戦で自己最速の153キロをマークしたが、193センチと似た体格の杉山が今季最速157キロを計測したことで、さらなる向上心が芽生えたようだ。

 「技術より筋力をもう1ランク上げたい。コンスタントに150キロが出始めているけど、杉山は同じくらいの体格で157キロも出している。自分はまだ100パーセントを出せていない」と目を輝かせた。30日に荷物整理のためペイペイドームを訪れた右腕は、今オフにパーソナルトレーナーと契約する考えがあることも明かした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ