大関正代、かど番の初場所「少しリラックスして」

西日本スポーツ

 大相撲11月場所を途中休場した新大関の正代と朝乃山が30日、再開された所属部屋の稽古に参加し、電話取材に対応した。ともに初の休場に追い込まれた、けがの回復は順調そうで、再起を目指す初場所(来年1月10日初日、東京・両国国技館)への思いを示した。

 正代の声は沈んでいなかった。負傷した左足首は歩いても痛みがないまでに回復。「テーピングで固め、ゆっくり四股を踏んだり、すり足をしたりできるようになった。ねじると痛みは出るが(初場所には)間に合うと思う」。休場後の場所後半から稽古場で上半身のトレーニングを重ね、四股を踏んできた。

 「負けられない、の気持ちが強かった。少しリラックスして取って勝ち越したい」とかど番で臨む初場所を見据えた。優勝して綱とりに挑む貴景勝の存在も刺激に、稽古の負荷を強めていく予定だが、12月の合同稽古は参加を見送る意向だ。

 朝乃山も負傷した右肩の痛みは、ほぼなくなり「悔しい思いを来場所にぶつけたい」と誓った。(手島基)

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング