「あぶさん」モデルの永渕洋三さん、引退の水島新司さんをねぎらう 屋号を快諾、来店も

西日本スポーツ

 漫画家水島新司さんが引退を発表した1日、人気野球漫画「あぶさん」のモデルとなった元プロ野球選手、永渕洋三さん(78)が佐賀市内の自宅で取材に応じ、「長く描き続けるのはすごいこと。ご苦労さまでした」とねぎらった。

 永渕さんは佐賀高(現佐賀西高)、社会人野球の東芝を経て、1967年に近鉄バファローズに入団。69年にはパ・リーグ首位打者を獲得した。一方、飲み代のツケを入団時の契約金で返済したり、二日酔いで3安打したりと数々の「酒豪伝説」を残し、あぶさんの主人公、強打者景浦安武のモデルになった。

 79年に引退後は2018年まで38年間、佐賀市内で焼き鳥店「あぶさん」を営んだ。水島さんは屋号を快諾し、店にも足を運んでくれたという。今でも漫画ファンからの便りが届くといい、「これも漫画のおかげ。感謝したい」と話した。

(金子晋輔)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ