ソフトバンク内川、ムーア、バンデンハークら自由契約に

西日本スポーツ

 プロ野球の各球団が来季も契約する権利を持つ保留選手名簿と、名簿から外れた自由契約選手が2日、公示された。

 ソフトバンクでは内川や、外国人選手ではムーアバンデンハーク、制限選手となっていたコラスらが名簿から外れた。

 内川は今季1軍出場がなく、他球団での現役続行を目指し退団。今季加入したムーアは13試合に登板し6勝3敗、防御率2・65。巨人との日本シリーズでは第3戦に先発し、7回無安打無失点の快投で優秀選手に選ばれた。近年、故障に悩まされたバンデンハークは今季5試合に登板し2勝2敗、防御率6・92だった。

 コラスはソフトバンクの保留選手ながら米大リーグ移籍を目指して母国キューバから亡命したと報じられ、再来日していなかった。これを受けてソフトバンクは、コミッショナーの許可を得て復帰するまで他球団でプレーできない「制限選手」とする手続きを取っていたが、保留選手名簿から外れたことで、コラスも自由契約となる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ