必勝パターンに持ち込んだはずが…福岡先制直後に不覚

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J2第38節 岡山1-1福岡(2日・Pikaraスタジアム)

 「勝利の方程式」にはまった試合を福岡がドローに持ち込まれた。後半8分、ペナルティーエリア内で山岸、ファンマが粘り強くつないだボールを重広が決めて先制。ところがそのわずか5分後、CKからの混戦からゴールに押し込まれた。

 この試合まで1-0の勝利が22勝中14勝を数え、先制すると22勝2分け1敗の強さを誇った。それだけに長谷部監督も「先制点をいい形で取れたが、注意していたゴール前で失敗してしまった」と表情を曇らせた。

 大詰めとなったリーグ戦。12月最初の試合を前に長谷部監督は「いきなりうまくはならない。できることをやろう、徹底しようと言い続けることが大事」と強調。前節から中2日で迎えた岡山戦を前に「こういう(緊張感のある)空気が好きで、こういう時期に点を取ります、アシストしますという選手が出てくることを願う」と期待した。

 前節の大宮戦は、試合の前日に長崎が勝利。長谷部監督は「結果は選手も知っていたはず。われわれは全部勝てばいい」と訴え、試合前に長崎戦の話題には触れず、目の前の試合に集中することを求めたという。

 大宮戦は今季14度目の1-0で勝利。主将の前は「じれずに無理に(攻撃に)いかず、0-0で試合を進めながら、その中でチャンスをものにしようという考えは統一されていた」と振り返った。しぶとく勝ち点を重ねてきたチームの戦い方は最終盤を迎えても一貫。後半に先制点を奪うまでは狙い通りだったが、思わぬ不覚だった。

 3位長崎が京都に敗れ、残り4戦で勝ち点差は4に拡大。これまで通り目の前の戦いに集中すれば昇格は見えてくる。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング