ソフトバンク小久保ヘッドコーチ就任を正式発表 会見で「入って負けたと思われたくない」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの来季のヘッドコーチに就任する球団OBで前日本代表監督の小久保裕紀氏(49)が3日、福岡市のペイペイドーム内で記者会見を開いた。

 小久保氏は「(今のホークスは)他球団があきれかえるぐらいの強さがある。球界のリーダーとして球界をしっかり引っ張るんだという自覚を主力の選手が持てるような組織にしていけたら」と意欲を語った。また、会見では「入って負けたと思われたくない」と語り、「厳しさと愛を兼ね備えた存在に」とヘッドコーチ像を口にした。背番号は90に決まった。

 小久保氏は2012年限りで現役引退した後は野球解説者として活躍し、17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で監督として4強。9年ぶりとなる指導者としての復帰は工藤体制の後も見据えた入閣とみられ、4年連続の日本シリーズ制覇を達成し、黄金期を迎えたチームの勢いをさらに加速させることになりそうだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ