ソフトバンク小久保ヘッドコーチ就任会見で予告 柳田の「怖い存在になってあげようかな」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの来季のヘッドコーチに就任する球団OBで前日本代表監督の小久保裕紀氏(49)が3日、福岡市のペイペイドーム内で記者会見を開いた。

 一問一答は以下の通り。

 -球団に復帰。

 19年間の現役生活で16年間ホークスのユニホームを着た中、恩返しの機会を頂いた。初めての役職だが、精いっぱい勝つために何をするかだけを考えて、工藤監督とコミュニケーションをとっていきたい。

 -就任の経緯は。

 打診は三笠ゼネラルマネジャー(GM)の方から日本シリーズ直後に頂いて、工藤監督とも話した。野手の強化、底上げを一緒にやってほしいという言葉を頂いたので、やらせていただきますと返事した。

 -その時の心境。

 しばらくホークスから遠ざかっていたので、興奮してワクワクしたというところです。

 -いつかはホークスで指導者に、という思いは。

 入団当初からあった。そういう目を持ってやりなさいと根本(陸夫)さんにずっと言われていた。こういう形で戻れてうれしい。

 -王会長とは

 電話で報告し「勝手知ったるところなので、自分のやりたいようにやってください」と言われた。

 -今のホークスは。

 他球団があきれかえるぐらいの強さだと日本シリーズで感じた。強いのは当たり前。球界のリーダー的な存在で引っ張るチームになってきたと思う。

 -工藤監督とはダイエー、巨人でプレー。

 すごく勉強熱心。それがホークスの強さにつながっている。投手陣の育成という面でも、監督でありながら良い選手を下から上げて使うという点でも勉強熱心な方。負けないように勉強しないといけない。

 -楽しみな選手は。

 松田(宣)というビッグスターがいる中で、彼を押しのけてくる選手が出ないと永久的に勝つのは難しい。その点でファームでタイトルを取ったリチャードなどは興味がある。

 -(背番号9の後継者)柳田の今は。

 僕のレベルよりはるか上まで行ってしまった。あそこまでなるとは思わなかった。球界になくてはならない選手。背番号9をくれって言ったのも俺の会食を忘れた日だったし、何かとおもしろいやつ。2時間遅れでやってきて。(柳田にとって)ちょっと怖い存在でいてあげようかな。

 -背番号「90」。

 侍ジャパンでもつけていたので球団が配慮してくれたのでは。背番号はそこまで考えていなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ