西武の守護神増田がFA宣言残留を決断 複数年の大型契約へ

西日本スポーツ

 今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した西武の増田達至投手(32)が権利を行使して残留することが3日、分かった。球団側と複数回の交渉を重ね、熟考ののち決断。宣言期限の4日に表明する予定だ。球団とは最大4年総額12億円超の大型契約を結ぶとみられる。

 今季は不動の守護神として33セーブを挙げ、自身初タイトルとなった最多セーブを獲得した。FA権に関しては「期限が来るまでにははっきりしたいなと思っています。考えて、タイミングが来れば発表したいと思う」と話していた。

 球団側としても増田の残留は来季に向けた最重要課題となっていた。今季は森脇、平良、増田とつなぐ勝ちパターンも確立。辻監督も「これだけ一番後ろの本当に苦しいところを頑張ってくれている投手。うちには欠かせない」と残留を熱望していた。西武にとってV奪還への大きな“補強”となりそうだ。 (金額は推定)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング