西武増田「まだ日本一味わってない」FA行使で残留4年契約

西日本スポーツ

 今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した西武の増田達至投手(32)が4日、権利を行使して残留することを表明した。オンライン取材に対応し、「このたび、FAを行使し残留することを決めました」と話した。

 来季からの4年契約を結び、3日に球団に残留の意思を伝えたという。決断については「家族とじっくり相談して決めた。少しでもチームに貢献して、少しでも恩返ししていければいいと思っています」と語り、「生涯ライオンズでやっていきたいと思っている。チームメートともう一度優勝、そしてまだ日本一を味わったことがないので、ファンの皆さんと日本一を目指してやっていきたいと思う」と獅子一筋を宣言した。

 増田はNTT西日本から2013年にドラフト1位で入団。16年からは本格的に守護神を務め、球団最多の通算136セーブを挙げている。今季は自己最多の33セーブをマークし、最多セーブのタイトルを獲得した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング