ソフトバンク「タカガール」ユニ投票開始 アニマル柄や70年代風など「映える」4種類

西日本スポーツ

 ソフトバンク恒例の女性ファン向けイベント「タカガールデー」で配布されるユニホームのデザインを決める投票が4日、会員制交流サイト(SNS)上で始まった。

 大手セレクトショップ「ビームスジャパン」のブランド「BEAMS DESIGN」が監修した4種類のデザインが候補。「映(ば)える」をコンセプトに流行の色・柄を取り入れたものや、ソフトバンクのユニホームに入った模様を踏襲したもの、福岡の伝統的工芸品・博多織に着想を得たものがある。

 投票は球団公式ツイッターや公式インスタグラムから。性別や年齢は問わない。5日はファン感謝イベントの会場ペイペイドームで、また5~14日は球場隣の娯楽ビル「ボス イーゾ フクオカ」でも投票を受け付ける。

 得票1位のデザインのユニホームは来年5月上旬に開催予定の「タカガールデー」で来場者にプレゼントされる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ