柳田、栗原、周東の推しは? ソフトバンク選手が「タカガール」ユニ投票

西日本スポーツ

 ソフトバンクは恒例の女性ファン向けイベント「タカガールデー」で配布するユニホームのデザインを決める投票の受け付けを4日からスタート。ペイペイドームでファン感謝イベント「ファンフェスティバル2020」を行った5日は、選手が投票を行った。

 大手セレクトショップ「ビームスジャパン」のブランド「BEAMS DESIGN」がデザインを監修。「バンダナ」「ストライプ」「アニマルプリント」「博多織プリント」の4種類が候補だ。

 チームの顔・柳田はアニマルプリントに1票。「柄と『HAWKS』と入っているところがおしゃれだなと思いました」とポイントを挙げた。選手会長・中村晃は博多織プリントをチョイス。「パッと見て、かわいかったのでこのデザインにしました」。盗塁王・周東も博多織プリントで「見た目がかわいいなと、パッと見て思いました」と直感で決めた。

 日本シリーズMVPの栗原が選んだのはストライププリント。「ストライプが好きなので、このデザインがいいなと思いました」と好みに合わせたが「どれもすごくオシャレだと思いました」と悩んだようだ。高橋礼はバンダナデザインを選び「(紹介文に)『流行している』と書いてあったので、これが一番いいと思います」とトレンドに流されてみるスタイルだった。

 会員制交流サイト(SNS)上で14日まで投票を受け付けている。得票1位のデザインのユニホームは来年5月上旬に開催予定の「タカガールデー」で来場者にプレゼントされる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ