右肘手術のソフトバンク板東 来春の実戦復帰を目指しスローイング再開

西日本スポーツ

 10月に右肘手術を受けたソフトバンク・板東が、順調な回復ぶりをアピールした。

 6日はペイペイドームを訪れてトレーニング。来年2月中の実戦復帰を目指す中、すでに軽めのスローイングを再開したことを明かした。「ケガをした原因は体の使い方がうまくないから。(オフは)自分の体を操れるように強化したい」。プロ初登板を果たした2年目の今季は初勝利を挙げるなど15試合に登板して2勝2敗2ホールド、防御率2・56をマークしたが、手術を糧に3年目のさらなる飛躍を目指す。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ