ソフトバンク4選手が契約更改 今季初勝利も右肘手術の板東は1500万円 高田は650万円減

西日本スポーツ

 ソフトバンクの契約更改交渉が8日、ペイペイドーム内の球団事務所で行われ、板東湧梧投手(24)、高田知季内野手(30)、三森大貴内野手(21)、海野隆史捕手(23)の4選手が更新した。

 板東は550万円アップの年俸1500万円でサイン。2年目の今季はプロ初登板を果たし、初勝利も挙げるなど15試合に登板。2勝2敗2ホールド、防御率2・56をマークした。10月には右肘の手術を受けた右腕は「球団から評価していただいたけど、ケガをした悔しさの方が大きい」と笑顔は控えめだった。

 シーズン開幕前の5月に左足を手術した高田は650万円ダウンの年俸2050万円で更新した。プロ8年目で初の1軍出場ゼロに終わり、今季は周東、川瀬ら若手が台頭。「若い選手が守っている姿を見て悔しさしかなかった。負けないように全体的にレベルアップしたい」と誓った。

 ウエスタン・リーグで首位打者になった三森は100万円増の年俸700万円でサイン。4年目の今季は初の開幕1軍入りを果たしたが、24試合に出場し打率1割6分3厘。「打って、走ってがメインの中で、バッティング一番アピールしないといけない」と1軍での活躍に気持ちを高ぶらせた。

 1年目の海野は5試合に出場し、現状維持の年俸1200万円で更新。オフは正捕手の甲斐と自主トレをともにする予定で「(甲斐と)競っていけるようにしたい」と気持ちを新たにした。(金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ