ソフトバンク中継ぎ陣が契約更改 25試合登板の松本は800万円アップ、椎野はダウン

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの契約更改交渉が8日、ペイペイドーム内の球団事務所で行われ、松本裕樹投手(24)、椎野新投手(25)、津森宥紀(22)、柳町達外野手(23)が更新した。

 松本は800万円アップの年俸2000万円でサイン。リリーフで起用された今季は初めて開幕を1軍で迎え、自己最多の25試合に登板し0勝1敗6ホールド、防御率3・49の成績。「今までよりはチームに貢献できたかなと思う」と納得の表情だった。

 椎野は200万円ダウンの2400万円で更新。右肩の違和感で出遅れた今季は、昨季を下回る12試合に登板し1勝1敗、防御率5・73。「1年間1軍で投げ続けて、(登板数は)50試合いきたいと思う」と来季の意欲を語った。

 津森は200万円増の年俸1300万円でサインし、「こんなに上がるとは思わなかった」と笑顔を見せた。プロデビューとなった6月21日のロッテ戦で史上初めて登板第1打者に満塁本塁打を献上したが、登板2試合目の同24日の西武戦で12球団新人1番乗りのプロ初勝利をつかんだ。最終的に1軍で14試合に登板し1勝0敗、防御率2・76の成績を残した。

 柳町は10万円増の770万円で更新。慶大からドラフト5位で入団したルーキーは、球団の新人野手では、2006年の松田以来、14年ぶりとなる開幕1軍スタート。12試合の出場で打率2割5分、0本塁打、1打点の成績。「出場が少なかったので、(来季は)今年より多くの1軍出場を目指したい」と話した。

(金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ