ソフトバンクのドラ1井上、目標は「3割30本コンスタントに」背番43

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは10日、福岡市内で新人選手の入団発表を行った。

 ドラフト1位の井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄高)が色紙に記した言葉は「三割三十本」。プロでの目標を「(打率)3割、(本塁打)30本をコンスタントに打ち、息の長い選手になることです」と掲げた。

 背番号は43に決定。ドラフト1位入団だった江川智晃氏がキャリアの途中から背負い、2019年限りで引退するまでつけていた。「江川さんがつけていた背番号なので、それに恥じないように頑張っていきたいと思います」とOBに敬意を払った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ