東京五輪・柔道男子66キロ級は阿部 ワンマッチで丸山敗れ、親子2代の五輪出場ならず

西日本スポーツ

 東京五輪柔道男子66キロ級の代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、丸山城志郎(ミキハウス)が阿部一二三(パーク24)に敗れて初の代表を逃した。阿部は初の代表となる。

 昨夏の世界選手権を制した丸山は昨秋のグランドスラム(GS)大阪大会も勝てば五輪代表に決まったが、決勝で2017、18年世界王者の阿部に敗戦。最終選考会の全日本選抜体重別選手権(4月・福岡)がコロナ禍で延期になり、男女14階級で唯一代表が決まっていなかった。

 最終決戦の場として設定された12月のGS東京大会も中止になったため、全日本柔道連盟は同時期に異例の「ワンマッチ」を開催した。

 丸山は2015年講道館杯で神港学園高3年生だった阿部を撃破。注目株だったライバルが16年リオデジャネイロ五輪に出場する望みを断った。東京五輪代表争いでも激闘を重ね、相手の代表入りを阻止し合ってきた2人。通算8回目となる因縁の対決は丸山が阿部に雪辱を許した形となった。

 宮崎市出身で福岡・沖学園高から天理大に進学し、卒業後も大学で男子73キロ級代表の大野将平(旭化成)らとけいこしている。父の顕志さんはバルセロナ五輪男子65キロ級代表で、親子2代での五輪代表を目指していた。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング